ムチウチ治療専門整骨院.com
毎月交通事故被害様が多数訪れている、たどころ整骨院が選ばれる理由
1.こだわりの手技
2.丁寧なヒアリング
3.最新の施術機器

水戸市で交通事故に遭った際の自動車保険等について解説します③

2012年07月31日

   

今日は消極損害について説明していきます。

分類としては3つになります。

  1. 休業損害
  2. 後遺症による逸失利益
  3. 死亡による逸失利益

逸失利益につきましては後遺症と死亡によるものを合わせて説明します。

 

  1. 休業損害

      休業損害は交通事故で受傷し、仕事ができなく給料が支給されない、又は減額された時の保障です。

      給与所得者の場合は、交通事故前3ヶ月間の平均収入と現在の収入の差額が支払われます。

      休業損害の算出方法は一人ひとり違ってきますので、これに関しても説明していきます。

    • 給与所得者
        給与の減額を証明する書類によって、1日5,700~19,000円の範囲で保障されます。
        休業損害対象日は有給休暇取得日と実通院日になります。
        (事故前3ヶ月の総収入÷90)×(実通院日数+有給休暇日数)
    • 事業所得者
        事故前年度の確定申告額が基準になりますが、青色申告、白色申告で算出方法が違います。
        寄与率等の説明が必要になりますので、詳しくはお問い合わせください。
    • 専業主婦
        基本的には1日5,700円が認められます。
        パートタイムされている方は、5,700~19,000円の範囲で認められます。

       

  2. 後遺症又は死亡による逸失利益

            簡単にいうと、後遺障害が無ければ獲得できた利益です。

            請求項目としては後遺障害逸失利益になり、後遺障害慰謝料とは異なります。    

 

      

以上が消極利益になります。

次回は慰謝料についてご説明していきます。

 

 

 

happy01骨盤矯正 ぎっくり腰 寝違え たどころ整骨院happy01←《公式HP》

happy01交通事故 痛み 痺れ 腫れ 交通事故豆知識happy01←《公式HP》