ムチウチ治療専門整骨院.com
毎月交通事故被害様が多数訪れている、たどころ整骨院が選ばれる理由
1.こだわりの手技
2.丁寧なヒアリング
3.最新の施術機器

交通事故後のむち打ち症で後遺障害が残った場合①

2012年08月31日

   

今日からは後遺障害認定について説明します。

 

後遺障害認定を受けるための条件

事前認定と被害者請求の違い

行政書士について

この3つについて説明していきます。

 

まず①の後遺障害認定を受けるための条件を説明します。

基本的には2つの条件があります。

  1. 治療期間が6ヶ月以上であること。   
  2. 整形外科で症状固定の診断になったもの。

この2つの条件に当てはまれば申請は可能になってきます。
しかし、「治療期間6ヶ月以上」に関しては例外が存在します。
治療期間が6ヵ月未満でも明らかに後遺障害が認められる場合は治療期間の制限はありません。
この明らかな後遺症とは、事故により手を切断してしまったなどのものです。
交通事故むち打ち症での後遺障害認定については、治療期間6ヵ月以上が基準になってきます。

次回は事前認定と被害者請求の違いについて説明していきます。

 

 

happy01骨盤矯正 腰痛 捻挫 肩こり たどころ整骨院happy01←《公式HP》

happy01交通事故 示談交渉 後遺症 交通事故豆知識happy01←《公式HP》