後遺症を残さないための交通事故治療

交通事故後のむち打ち症で後遺障害が残った場合②

2012年09月2日

前回に引き続き後遺障害認定について説明します。

②の後遺症害認定の請求について説明します。

後遺障害認定の請求の仕方は2種類あります。

  1. 事前認定
  2. 被害者請求

事前認定

任意保険会社が全てを行ってくれるので手間が掛かることはありません。
後遺障害認定を受けるときは、色々な書類が必要になってくるので自分で行うには時間が掛かります。
 しかし、任意保険会社も一般企業なので利益を求めますので、自賠責限度額の120万円を超えたくはありません。
なので、被害者が後遺障害を認定してもらう時に最善の方法で申請してくれる保証はありません。

被害者請求

この請求の仕方は自分で書類を揃えて行っていくものなので、時間と労力が掛かります。
しかし、申請が大変な代わりに自分の現在の状況が自分で訴えていくことができます。

今日は事前認定と被害者請求のメリット、デメリットを説明しました。

次回は後遺障害認定に関わる行政書士についてお話します。

 

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格者:柔道整復師 田所祐介が監修しています。

骨盤矯正 肩痛 腰痛 膝痛 たどころ整骨院←《公式HP》

交通事故 めまい 耳鳴り 交通事故豆知識←《公式HP》


口コミサイト「エキテン!」に口コミ多数 水戸市交通事故・むち打ち治療.com
むちうち・怪我でお悩みのかたご相談ください。029-291-8676

茨城県水戸市河和田1丁目1535-43 リバーシャトー103
駐車場完備(4台)
施術者代表:柔道整復師 田所佑介

受付時間-9:00~12:00、15:00~20:00※土曜は13:00まで、木曜午前・土曜午後・日曜祝祭日は定休日です。新規患者様は受付終了1時間前までにご来院ください

COPYRIGHT© 茨城県水戸市 たどころ整骨院 ALL RIGHTS RESERVED.