後遺症を残さないための交通事故治療

交通事故のむち打ち症の起源【むち打ち症を知ろう】

2012年06月5日

一般的に皆さんがよく耳にする「むち打ち症」とはなぜこのように呼ばれるようになったのでしょうか?むち打ちの歴史は古く第一次世界大戦までさかのぼります。

当時戦闘機のパイロットは「首の痛み」、「上肢のシビレ」、「頭痛」、「吐き気」、などの多くの症状に悩まされていました。この原因を調べていくと、戦闘機の急激な加速や減速により首が激しく前後に動くことでこのような症状が出ることが分かりました。
そしてこの時の首の動きに由来して「むち打ち」と呼ばれるようになりました。

日本では、高度経済成長期の頃から自動車産業が盛んになり、それと同時に交通事故が増え「むち打ち症」も増加してきたのです。
交通事故に遭われた方もパイロットと同じ「首の痛み」、「上肢のシビレ」などの症状を訴えることが多く、マスコミなどで不治の病として社会問題になりました。
しかし現在は、交通事故を専門に扱う医療機関などがあり、一人一人にあった治療が可能になってきました。

交通事故に遭われた際は専門の医療機関に受診しましょう。

 

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格者:柔道整復師 田所祐介が監修しています。

骨盤矯正 腰痛 痺れ たどころ整骨院←《公式HP》
交通事故 捻挫 打撲 交通事故豆知識←《公式HP》


口コミサイト「エキテン!」に口コミ多数 水戸市交通事故・むち打ち治療.com
むちうち・怪我でお悩みのかたご相談ください。029-291-8676

茨城県水戸市河和田1丁目1535-43 リバーシャトー103
駐車場完備(4台)
施術者代表:柔道整復師 田所佑介

受付時間-9:00~12:00、15:00~20:00※土曜は13:00まで、木曜午前・土曜午後・日曜祝祭日は定休日です。新規患者様は受付終了1時間前までにご来院ください

COPYRIGHT© 茨城県水戸市 たどころ整骨院 ALL RIGHTS RESERVED.