後遺症を残さないための交通事故治療

警察とのコミュニケーションの重要性!

2013年06月29日

交通事故に遭って、被害者になってしまったら何よりもまず警察に通報して下さい。

  • 警察立ち会いのもとで「供述調書」が作成されていきます。
  • この時警察官は供述書の書式に沿って質問していきますが、この供述内容が後になって損害賠償額に関わってくる場合が多々あります。

出来る限りその時の状況を正確に回答するようにしてください。

  • 曖昧な回答、実際と異なることを回答した場合、後に不利になてしまうことがあります。
  • 分からない場合、思い出せない場合は無理に答える必要はありません。

警察は、病院で作成される「診断書」を元に捜査や処理を行います。

  • この診断書に実際よりも軽傷のように書かれてしまうと損害賠償の際に大きく影響してしまいます。
  • 全治までの期間や自分自身の体の状態をきちんと確認し正しく把握しておくことが大切です。

 

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格者:柔道整復師 田所祐介が監修しています。

骨盤矯正 腰痛 坐骨神経痛 たどころ整骨院

交通事故 頚椎捻挫 腰椎捻挫 交通事故豆知識サイト


口コミサイト「エキテン!」に口コミ多数 水戸市交通事故・むち打ち治療.com
むちうち・怪我でお悩みのかたご相談ください。029-291-8676

茨城県水戸市河和田1丁目1535-43 リバーシャトー103
駐車場完備(4台)
施術者代表:柔道整復師 田所佑介

受付時間-9:00~12:00、15:00~20:00※土曜は13:00まで、木曜午前・土曜午後・日曜祝祭日は定休日です。新規患者様は受付終了1時間前までにご来院ください

COPYRIGHT© 茨城県水戸市 たどころ整骨院 ALL RIGHTS RESERVED.