ムチウチ治療専門整骨院.com
毎月交通事故被害様が多数訪れている、たどころ整骨院が選ばれる理由
1.こだわりの手技
2.丁寧なヒアリング
3.最新の施術機器

自由診療を使って最高の手当を受けよう!

2013年08月13日

   

どのような保険を使うのか?
交通事故に遭い医療機関で治療を受けた場合、治療費の支払いは自由診療での支払いと保険診療による支払いとに分かれます。
事故に加害者がいて、加害者側の自賠責保険あるいは任意保険での治療を受ける場合は自由診療での治療を受けることが可能です。
自損事故であっても自分で任意保険に加入していれば、自損事故保険、人身傷害保険が使えます。

 

健康保険で行える治療の限界
日本には国民皆保険制度があり、どなたでも何かの保険に加入しているはずです。一定の保険料を払うことによって、病気や怪我をした時に医療給付が受けられます。払う金額は、実際にかかった金額の20〜30%程度の負担で済むことになります。
しかし、この国民皆保険には限界があります!
保険診療を受けるには、検査や治療内容に関して細かい規定があり、その範囲の中で行わなければ保険が適応されません。

 

柔道整復師の後療法
柔道整復師が行える後療法として、物理療法、運動療法、手技療法の3つがあります。
しかし、健康保険適応内での治療では行える治療法や時間が限られてしまい、柔道整復師が取得している特殊な技術を提供することができません。

 

保険診療か、それとも自由診療か
健康保険を使った場合、手技による矯正はできません。
むち打ち症の治療で整形外科に対して、整骨院での施術の方が良くなる確率が高いのは、体全体を診て治療を行えるところにあります。しかし、保険診療の場合は患部の場所の治療ができません。特に、むち打ち症の場合は患部以外の場所に原因があることが多いので、この保険診療では治療限界があるといえます。
自由診療を選択した場合、患者さんが支払う治療費は、健康保険よりも高額になります。しかし、保険診療なのか自由診療なのかを選択するのは患者さんです。ですから、加害者がいて、相手側の自賠責保険や任意保険で治療を行う場合は、迷わず自由診療にすることをお奨めします。
一番大切なことは早期治療、早期回復することだからです。

 

 

坐骨神経痛 ヘルニア たどころ整骨院←公式HP

交通事故専門治療 たどころ整骨院←交通事故豆知識ブログ