ムチウチ治療専門整骨院.com
毎月交通事故被害様が多数訪れている、たどころ整骨院が選ばれる理由
1.こだわりの手技
2.丁寧なヒアリング
3.最新の施術機器

交通事故での手首の怪我について(手首の捻挫)

2014年11月28日

   

今回は交通事故で意外と多い手首の怪我についてお話したいと思います。

自動車を運転する時は必ずハンドルを握っていると思いますが、交通事故の際は真っ先に力が入る「手首」に負担がかかります。

この時に多いのが「手首の捻挫」衝撃によっては「手首の骨折」などがあります。

【各症状の治療法

  • 手首の捻挫・・・関節の固定(包帯などでの固定が多いです)
  • 骨折の場合・・・「ギブス固定」又は「手術」による対応になります。

どちらの症状も「手首」は日常生活の使用頻度が高いので、まずは安静固定が最重要になりますね!※安静固定を行わない場合、痛みがなかなか引かなかったり治療期間が長期化する恐れがあります。

固定して損傷部位(骨・靭帯・筋肉)の修復が終われば痛みは少しずつ引いてくると思います。しかし、長期間固定してしまった部分は、関節(靭帯、筋肉、皮膚)が硬くなり動きが鈍くなっています!なので、正常な関節可動域に戻すリハビリが必要になってきます。

可動域を広げる後療法(リハビリ)は治療内容、通院頻度によって効果が大きく変わってきます。たどころ整骨院では、トップアスリートも使っている電気+独自の手技療法で体に負担のない範囲のスピードで効果を出していきます!

いきなり可動域を広げても怪我に繋がる場合がありますので徐々にが安心です!)

通院頻度に関しは、できれは毎日少しず調整するのが早期回復に繋がります!

 

交通事故で手首を痛めた際はご相談下さい!

 

なかなか良くならない腰痛はたどころ整骨院

交通事故で首が痛い 交通事故豆知識ブログ

今までの5倍深い筋肉にアタック!最新電気治療器【解説動画】