後遺症を残さないための交通事故治療

交通事故むち打ち症解決Q&A 水戸市整骨院が解説!③

2012年06月26日

今日は交通事故についての問題点を見ていきたいと思います。

交通事故が発生した際に加害者の責任について

  加害者の責任は3つあります。
   ①民事上の責任・・・被害者に対する損害賠償
   ②刑事上の責任・・・業務上過失致死傷罪、危険運転致死傷罪など
   ③行政上の責任・・・自動車免許取り消し、停止処分

発生直後、被害者の留意点について

  ①事故届けを出します。
    本来は加害者の責務ですが加害者が怠っていた場合は被害者自身で出しましょう。
  人身事故の扱いにしてもらいましょう。
    事故の扱いは人身事故と物損事故の二つがあります。
    一般的には怪我をしていても物損事故として扱われることが多いのです。
    しかし、物損事故扱いでは、治療や後遺症において不利になる場合があります。

交通事故の発生から解決までの流れ

   交通事故~治療開始~治療終了~後遺障害等級の認定~示談交渉
   このような流れになります。あくまでも治療が最優先であり、示談交渉は最後になります。
後遺症の認定結果に不満があれば、異議申し立てをすることもできます。

症状固定とはなんですか?

   一般に認められた医療を行為を行っても治療効果が期待できなくなった状態です。
   つまり、症状の改善が期待できなくなった状態を指します。症状固定を賠償関係から見た場
合、それは、治療の終了を意味しています。なので、症状固定の診断がされるとそこで治療が終了なのです。

保険会社から治療費の打ち切りを言われた場合は治療は出来ないのでしょうか?

   保険会社からの治療の打ち切りとは保険会社の方で勝手に決めているのです。なので治療を受
けてはならない訳ではありません。

治療の打ち切りとは、お医者さんが症状固定と診断して初めて打ち切りなのです。

示談交渉はいつ行うのですか?

   怪我が治った時点で示談交渉に入ります。
   万が一後遺障害が残った場合は、後遺障害等級が確定してからになります。

後遺障害が残った場合どのようにすれば?

   後遺症害等級の認定申請を行います。
   等級は、要介護第1級から第14級まであり、その中で138種類に分類されています。

後遺症害等級の認定申請の方法を教えてください。

  事前認定」と「被害者請求」の二通りあります。

事前認定と被害者請求の違いは?

事前認定は、加害者側の任意保険を通して行います。
メリットは手続きの簡便さでしょう。デメリットとしては、認定申請の全てを加害者側の任意保
険会社に任せてしまいますので不透明さがあるでしょう。

被害者請求は、加害車両に付保されてる自賠責保険に対して直接行います。
メリットは、被害者自身で行うので透明性が担保される事でしょう。デメリットとしては、手続
きが少々面倒な事でしょう。その場合は専門の行政書士や弁護士に依頼すると良いでしょう。

※等級の判断は損害保険料率算出機構という法律に基づいた団体により判断されています。

むちうち症でも等級認定されるのでしょうか?
  むち打ち症の症状は、レントゲン上の異常はないことがほとんどでしょう。
  なので、被害者自身の自覚症状での申請なので等級認定されることが難しいのが現状です。
  しかし、諦める必要はありません。一度認定されなくても、納得が出来ない場合は異議申し立て
が何度でもできるのです。そして、平成21年の後遺障害認定の半分がむち打ち症での認定にな
っています。
  たどころ整骨院では、交通事故専門の行政書士に協力を依頼しています。
  なので、後遺障害認定においての認定率は確実に高くなります。

※本記事は厚生労働省認可の国家資格者:柔道整復師 田所祐介が監修しています。

骨盤矯正 腰の張り 膝の痛み たどころ整骨院←《公式HP》
交通事故 後遺症害 手続き 交通事故豆知識←《公式HP》


口コミサイト「エキテン!」に口コミ多数 水戸市交通事故・むち打ち治療.com
むちうち・怪我でお悩みのかたご相談ください。029-291-8676

茨城県水戸市河和田1丁目1535-43 リバーシャトー103
駐車場完備(4台)
施術者代表:柔道整復師 田所佑介

受付時間-9:00~12:00、15:00~20:00※土曜は13:00まで、木曜午前・土曜午後・日曜祝祭日は定休日です。新規患者様は受付終了1時間前までにご来院ください

COPYRIGHT© 茨城県水戸市 たどころ整骨院 ALL RIGHTS RESERVED.