後遺症を残さないための交通事故治療

交通事故むち打ち症解決Q&A 水戸市整骨院が解説!④

2012年06月30日

茨城県水戸市、今日もいい天気です。
しかし、残念ながら交通事故は絶えません。
みなさん日々の安全運転を心がけてください。

今日も質問を解決していきたいと思います。

後遺症害を被害者請求で行いたいのですが、誰に依頼すればよいですか?

  弁護士や交通事故専門の行政書士がよいでしょう。

被害者として何を請求できるのでしょうか?

被害者に生じた損害を請求する事ができます。
積極損害と消極損害に分かれます。
積極損害は、「傷害部分の損害」「後遺症部分の損害」「死亡部分の損害」に分かれます。
消極損害は、「財産的損害」「精神的損害」に分かれ、いわゆる慰謝料です。

傷害部分の損害とはなんですか

  治療費関係、入院費、諸雑費、通院交通費、付添看護費、文書料、などです。

後遺障害部分の損害とはなんですか?

基本的には、後遺障害慰謝料逸失利益があります。

逸失利益とはなんですか?

  事故前の労働能力が維持できなくなり、収入が減少するために失われる利益のことをいいます。

     

家庭の主婦でも休業損害や逸失利益を請求できるのですか?

家庭の主婦も立派な家事従事者なので、対象に当てはまります
休業損害の算出方法は自賠責基準と裁判基準では違ってきます。
自賠責基準の場合は、1日あたり5400円になります。
裁判基準の場合は1日あたり約9600円になります。

主婦が後遺障害等級第14級に認定された場合の損害額

  後遺障害慰謝料・・・1,100,000円
  逸失利益・・・・・・ 757,640円
  民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準によって算出されたものです。(裁判基準)
  ※あくまでも参考です。

慰謝料には色々な基準があると聞いたのですが。

慰謝料の基準は3種類あります。
自賠責基準・・・支払い基準は公開されています。
任意保険基準・・・各保険会社で独自の基準があり、基準は公開されていません。
弁護士基準・・・「赤い本」「青い本」基準といわれるものです。

自賠責保険における慰謝料の算出方法は?

  慰謝料は1日4200円と決められています。
  対象日数は、「総治療日数」もしくは、「実通院日数の2倍」のどちらか少ない方が対象になり
ます。
  (例)総治療日数が3ヶ月で、そのうち実通院日数が40日だとします。
     90日(3ヶ月)<80日(40×2)=80×4200円=336,000円

示談の際に心掛けておかなければならないことは?

被害者自身で何が請求できるのか、それがいくらなのかを全く分からない状態ではいけません。
最低限の知識は必要になってきます。被害者にとって賠償請求は大事な権利なのです。
なので一人で判断するのではなく、それぞれの専門分野の専門家に相談は必要です。
賠償額については弁護士、後遺障害認定については行政書士などです。

 

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格者:柔道整復師 田所祐介が監修しています。

骨盤矯正 寝違え ギックリ腰 たどころ整骨院←《公式HP》

交通事故 専門整骨院 交通事故豆知識《公式HP》


口コミサイト「エキテン!」に口コミ多数 水戸市交通事故・むち打ち治療.com
むちうち・怪我でお悩みのかたご相談ください。029-291-8676

茨城県水戸市河和田1丁目1535-43 リバーシャトー103
駐車場完備(4台)
施術者代表:柔道整復師 田所佑介

受付時間-9:00~12:00、15:00~20:00※土曜は13:00まで、木曜午前・土曜午後・日曜祝祭日は定休日です。新規患者様は受付終了1時間前までにご来院ください

COPYRIGHT© 茨城県水戸市 たどころ整骨院 ALL RIGHTS RESERVED.