後遺症を残さないための交通事故治療

交通事故に遭った際の保険について① 

2012年06月12日

今日からは保険や賠償金などの解説をしていきます。
全部で4つの項目あるので、今日はそのうちの2つを解説していきます。

(項目)
1、治療をする際に窓口で伝える3つのポイント
2、自賠責保険と任意保険
3、保険は無限には面倒を見てくれない
4、損害賠償として請求できるもの

治療をする際に窓口で伝える3つのポイント
  ①交通事故での治療であること
②仕事中の事故かどうか
③どこの保険会社なのか
この3つを窓口に伝えて下さい。事前に保険会社に通院することをお伝えください。

自賠責保険と任意保険
  保険というと難しいイメージがありますが、実はそこまで難しいものではありません。
簡単に説明すると、自動車やバイクで加入が義務化されているのが「自賠責保険」されてない
のが「任意保険」です。ただそれだけの違いです。
しかし、ここで「任意保険は義務じゃないから入らなくていい」と思ったあなた・・・絶対に
入ってください
。事故を起こしてからでは遅いのです。
それでは、この2つの違いを理解しましょう。

自賠責保険
交通事故にあった際に10対0で自分が悪くないのに治療費を払うのは誰もが嫌だと思いま
す。しかし、相手が保険に入っていなかった際は最悪の場合自分での支払いなのです。
そこで被害者が泣き寝入りすることなく最低限の補償が受けられるようにしたものが自賠責
保険です。強制的に保険をかけているものなので、車検を通している車にはすべてかかって
います。
補償としては他人を死傷させてしまった場合のみに使えるもので、自動車の修理には使えま
せん。

任意保険
任意保険は自動車の所有者が加入するかを決めるもので強制ではありませんが絶対に入って
下さい。
なぜ絶対なのか説明していきます。

まず任意保険とは、自賠責保険で支払いきれなかった時にオーバーしてしまった金額を補
償するものです。なので、傷害で初めに使っていく保険は「自賠責保険」になります。
例えば、死亡事故を起こしてしまい補償金が1億円だったとします。
自賠責保険の補償の限度額は「傷害の場合120万円」、「死亡の場合3000万円」で
す。
今回は死亡事故なので3000万円とします。
1億円のうち自賠責保険から3000万円が支払われますが、7000万円が残ります。
この7000万円は加害者の負担になります。
ここで出てくるのが任意保険であり、加入しておくことで補償を受けることができる仕組み
です。この1億円という補償金は決して珍しくないものです。
後遺症が残ってしまった場合も自賠責保険を超える賠償金が裁判によって認められていま
す。
現在任意保険の加入率は7割という数字が出ています。
事故によって涙するのは被害者の親族だけではありません。加害者の親族も涙するので
す。お金すべて解決は出来ませんが、それでも保険によって救われることはたくさんありま
す。あなたは残りの3割にならないようにしましょう。

 

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格者:柔道整復師 田所祐介が監修しています。

骨盤矯正 腰痛 捻挫 たどころ整骨院←《公式HP》
交通事故 示談 補償 交通事故豆知識←《公式HP》


口コミサイト「エキテン!」に口コミ多数 水戸市交通事故・むち打ち治療.com
むちうち・怪我でお悩みのかたご相談ください。029-291-8676

茨城県水戸市河和田1丁目1535-43 リバーシャトー103
駐車場完備(4台)
施術者代表:柔道整復師 田所佑介

受付時間-9:00~12:00、15:00~20:00※土曜は13:00まで、木曜午前・土曜午後・日曜祝祭日は定休日です。新規患者様は受付終了1時間前までにご来院ください

COPYRIGHT© 茨城県水戸市 たどころ整骨院 ALL RIGHTS RESERVED.